スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DXフェニックスネスト 

phoenixnest_1.jpg

発売からかなり経ってしまいましたが、これをやらないわけにはいかない、ということでガイズマシンシリーズ DXフェニックスネストです。

実は置き場無いなあと思って発売時に買ってなくて、年明けてから買おうなんてのんびりしてたんですが、クリスマス商戦が終わってからザらスや量販店覗いたら在庫消えてんじゃん!
いやまさかここ数年のウルトラ玩具の売れ残りっぷりからして、売り切れるなんてことは絶対に無いと思い込んでました。完全にメビウス人気なめてた。タロウ兄さんに怒られたような気分になりましたよ(笑)
まあ、あるところにはまだあったんですけど。

長い前置きはここまでにして本編行きます。

フェニックスネストはCREW GUYSジャパン基地のシンボル。これそのものが基地というより、基地施設の一部ということなんでしょう。
玩具はガイズマシンシリーズのガンフェニックスと(ほぼ)同スケールで作られており、バンダイのウルトラ玩具史上初めて戦闘機系のメインアイテムと連動して遊べる基地ということになっています。

phoenixnest_2.jpg

ベースモードでは意外にコンパクトにまとまっています。
オールプラ製ながら塗装仕上げは美しく、他のガイズマシンと並べても見劣りしません。

本体下部に二ヶ所の格納庫があり、ガンスピーダーを収納できます。こういう配慮はうれしいところ。

phoenixnest_3.jpg

画像のガンスピーダーは付属しているプラ製の簡易版です。ガンウィンガー等を持っていなくても、とりあえずネスト単体で発進遊びが出来るということ。
思うに、基地玩具というのはメインメカの収納・発進という機能を求められるわけですが、ガンフェニックスと同一スケールというコンセプトを持ったためにそれは不可能となった。そこで、フェニックスネストを基地玩具たらしめるためのブリッジとしてガンスピーダーが設定された、ということなんじゃないですかね。いまさら言うまでもなく、ガンスピーダーはメビウスメカ玩具のキーとなる重要アイテムなんですね。

基地玩具としては収納性は低いですが、ストラクチャーとして見れば他のアイテムと絡めて遊べます。

phoenixnest_4.jpg

一例としてウルトラマンガイアのコンテナビークルを周囲に配置してみました。
スケールは適当もいいとこですが結構絵になるでしょ。

ガンフェニックスをフェニックスネストのスロープに接合した状態。

phoenixnest_5_.jpg

この状態で、フェニックスネストの背中から挿入したガンスピーダーをガンフェニックスに装填することができます。単純だけど思わず繰り返してしまう楽しいギミック。
スロープの幅はホットウィールなどの普通のミニカーにも合うので、ミニカーのスタート台にもなりますよ。

しかし並べて見るとやっぱりネスト小さいですな。というか、ガンフェニックスでかい(笑)
巨大基地としては食玩版との対比くらいが理想かな。劇中ではもう少しガンフェニックスが大きいですが。

phoenixnest_6.jpg


首伸ばして翼開いてフライトモードへ変形。Xボンバーっぽいシルエットに。
あ、ちなみに翼のシールは貼ってません。せっかくのモールドがつぶれてしまうので。

phoenixnest_7.jpg


そしてここからは、誰にも言っちゃいけない秘密だよ。
フェニックスネストに隠された最大の秘密、それはガンフェニックストライカーとの合体機能!

phoenixnest_8.jpg

メビウス最終回でCREW GUYSを乗せて光の国へサリー・ゴー!します。
念のため言っときますが、嘘なので信じないように(笑)

ガンフェニックストライカーとはフェニックスキャノンをガンローダーの後ろに突っ込んで合体しています。アンテナが派手に曲がるけど気にしない。
さらにこの状態だと前方に合金の塊がくるので、激しくヘッドヘビー。つっかえ棒がないと前にこけます。

ならば、ということでガンブースターを分離して後ろに持って行ったのがこれ。ブースターでネストの主翼を挟み込みたかったんですが、残念若干幅が足りず。なので主翼を垂直に立ててます。はずれちゃいますが。

phoenixnest_9.jpg

いやでもやっぱり主翼はななめにしたいよな、ってことで、ガンブースターをただ後ろに乗せた状態。全然固定していないので、動かすとズレる。

phoenixnest_10.jpg

結局一番見栄えが良くて、塊感があるのは始めのかな。

phoenixnest_11.jpg

名付けて、ガンフェニックストライクフォートレス!
メビウス最終回をお楽しみに!(出ません)

※これを真似して合体させるときは、ネストの首の塗装ハゲに注意。
あらかじめ粘着力を落としたテープを貼って保護しとくといいですよ。
なんにしても自己責任で~

スポンサーサイト

コメント

不死鳥の砦

あぁこの並びがマジカッケー!

なのになのに!!
…まさか近所で売れ切れてるとは思わなかっ
たです~不覚。

今年の玩具戦線は昨年が嘘みたいです。
(まぁ昨年の方が異常なんですが(^^;)

という事で、ここの画像を見て
定価でも購入を決意したカモタローでした!

…でもどこか安い所あったら教えて下さいね♪

そうなんですよ、結構早々に店頭から消えたところが多くて。ネストに限らずメビウス関係はほとんど無くなってますね。
3月で終了とはいえ、これから怒濤の展開なのにもったいない。ネストも見せ場あるのに。

ネストは年明けあたりだとまだ見かけたのですが、最近はさすがに見ないですねえ。
最後にはヤフオクという手もありますが・・・

買えました♪

と言うわけで、玩具屋さん巡りの釣果で
無事に購入できました(^^)。
うひゃー♪銀ろメタオレンジの塗装が凄く良いですねぇ。
全体の作りもカッチリしてて良いなぁ。
うーんこんなに塗装に力入れてるシリーズってガオ以来では?
司令部?の顔部分がホワイトベースみたいでナイスです(笑)

おっ無事買えましたか>カモタローさん
おめでとうございます。

塗装すごくきれいですよね。
ガオは持ってないんですが、バンダイが本気出したときの塗装クオリティはスゲーです。

ネストはこれでさらにブリッジが開いて人形乗せられれば神!だったんですが。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://stgz.blog71.fc2.com/tb.php/20-60ed3464

玩具を集めた

食品に食品以外の「おまけ」が付属するという状態は、極端に考えれば原始生活に起源を求める事が出来る。原始生活では、獣を狩れば皮が、魚を獲れば骨が、植物を採取すれば種が、食料の付属品として存在していた。食品玩具とは、高度に加工され「おまけ」を失った現代の食料

  • [2007/04/11 03:29]
  • URL |
  • 玩具を集めた |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。