スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エクスプラス ダイキャスト・エイジ ロビー・ザ・ロボット 

robby_1.jpg

SF映画の古典的名作「禁断の惑星 FORBIDDEN PLANET」に登場した万能ロボット・ロビーがエクスプラスよりダイキャスト製フィギュアとして商品化されました。
ロビーといえばティントイやゼンマイノコノコ人形、増田屋のビッグサイズトーキングフィギュアなど、その人気度、知名度に比例して過去幾度も玩具がリリースされてきましたが、合金トイ化は意外にも始めてみたいです。

robby_2.jpg

頭部、腰、腕、脚の各部は可動するようになっています。

今回発売されたのはノーマルカラー版、モノクロモニタ映像をイメージしたというメタリックグレー版のロビー単体の二種のカラバリと、ロビーが乗るトランスポーターとのセット版(カラーはノーマル版のみ)。もちろんセット版を買いましたとも、ええ。

robby_3.jpg

出来は普通にいいんですが、ちょっと期待が大きすぎたのかモールドは物足りない感じ。もっとこう精密感というか、シャープな作り込みを期待してたんですけどね。

robby_4.jpg

今回の目玉、トランスポーター。惑星アルテア4でロビーが運転するビークルです。これがリアルプロポーションのマスプロ商品として発売されたのは始めて、のハズ。こちらはオールABS製。

robby_5.jpg

前面のハッチを開いてロビーを搭乗させることができます。

robby_6.jpg

robby_7.jpg

走る彫刻のような不思議なデザイン。
プラ製タイヤが付いていてコロ走行できるほか、固定用のストッパーも付いています。
劇中プロップもこんなもんなんだろうけど、ちょっと仕上げが淡白な感じがします。何かワンポイントがあればアイテムとしてぐっと引き立つと思うんだけど。タイヤをゴム製・・・はあんまり意味ないか。

ついでに別のロビーも紹介。
左のロビーはかつてメディコムトイより発売されたプラ製フィギュア。
robby_8.jpg

robby_9.jpg

光線銃が付いているほか、首の回転に連動して内部のメカが動く楽しいギミックあり。

robby_10.jpg

そして胸のボタンを押すとライトと口(?)が点灯!
なんか合金ロビーよりこっちの方が好きかも(笑)
最近のメディコムはやたら高額な12インチやアートっぽい商品ばっかり出してますが、こういう玩具らしい玩具もまたやって欲しいですよ。

スポンサーサイト

コメント

ロボット

小生は、ロボットものは、ガオガイガー関連のあまり高額でないものしか持っていないのであります。
お写真を拝見して、いつも思うのは、比較する物をお持ちの凄さです。
ほし様は、玩具依存症の域は通り越していらっしゃいますよ。
ゲッターロボとかのスッゲェーものとか欲しいのですが、小生の購入単価基準を遥かに逸脱しているので、諦めています。
と言いつつ、とても好きな某海外キーボードミュージシャンのフィギュアの予約が開始されたので、全世界限定3,000個の言葉の魔力に負けた事もあり、購入単価基準がまたアップしてしまいました。
ブログをこれからも、楽しみに拝見させていただきます。

■リバティさん
ビークル系、サイボーグ・ミクロマン系と並んでロボ玩具はやっぱり外せないジャンルです。おかげで収拾付かなくなってる訳ですが。

>玩具依存症の域は通り越して
そうですねえ、もう空気みたいなもんですかね。空気が無ければ死んでしまうというか(笑)

某海外キーボードミュージシャンというのはキース・エマーソンですね?
キースの出来も良さそうですが、モーグの作り込みも気になります。
ミュージシャン系ではクラフトワークが欲しいですねえ。例のロボットマネキンもセットで。どっかで出してくれないかな。

ロビー・ザ・ロボット

回るアンテナ、中のメカ・マシンが見えるドーム型の頭部、光る回路など、ロボットモノの始祖たる王道デザインですねー(^^)。
トランスポーターは劇中で物凄い速さで移動してましたよね?

ミクロマンと言えばサイボーグ・スーパーマンは購入されましtか?変身サイボーグぽくて、自分的には久しぶりにヒットです♪

■カモタローさん
ロビーはこれ以前にはこういうデザインのロボットは無かったと言ってもいいほどの、エポックメイキングな存在ですね。
トラポは妙に早いんですよね。のんびり走りそうなデザインなのに。

サイボーグスーパーマンは昨日買ってきました。
水色ボディが嫌だったので、ミリタリーフォースのクリアのやつと交換しました。
サイボーグ度アップするのでおすすめですよん。

ご存知でしたか!

>某海外キーボードミュージシャンというのはキース・エマーソンですね?

ほし様、守備範囲広すぎます!!!
同じメーカーのギタリストに比べて価格が高いので、MOOGの方もそれなりのつくりこみを期待する次第であります。
小生は、ワーナーパイオニア公認、EL&Pファンクラブを少し手伝っていた事もありました。(東京在住時、プログレ冬の時代)
ミュージシャンのフィギュアは人気のバロメーターだけでなく、マニアック度で、作製している感もありますから、クラフトワークもでる可能性はありますよね。

■リバティさん
最近は聞く機会もめっきり減りましたが学生時代はEL&Pを含めプログレ聞きまくりました。
今では【笑】マーク付きで語られることが多いEL&Pですが結構、いやかなり好きですよ。
十ウン年前の再結成来日公演にも行きましたし。

ミュージシャンとかの実在人物系のフィギュアはあとは本人が許可するかどうかですね。
ロバート・フリップなんかは絶対許可しなさそう。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://stgz.blog71.fc2.com/tb.php/11-1c34e742
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。