スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MATTEL HOTWHEELS BATMOBILE 

えー今回は過去のリサイクル。以前STARGAZER BASEの方で公開していたバットモービルのページを再編集したものです。
まだナローバンド環境に配慮していた頃の記事のため、画像が小さめですがご容赦を。

batmobilehw_01.jpg

2003年からバットマンの商品化権を獲得したマテルが、その年にホットウィールブランドでバットモービルをモデル化したものです。しかも1/18という大スケールで、当時としては夢のようなアイテムでした。

batmobilehw_02.jpg

モデル化されたのはもちろん、1989年にティム・バートンが監督した映画「バットマン」に登場したバットモービル。
このムービーカー史上に残る名車をデザインしたのはプロダクションデザインを担当したアントン・ファースト。ジョージ・バリスがリンカーン・フューチュラを改造した60年代TVシリーズのような、いわゆる“フューチャーカー”ではなく、映画のトーンに合わせたデッドテックなイメージにまとめたのは大正解だったと思います。いわばギーガーのエイリアンのクルマ版といったところかな。
そういやギーガーもフォーエバーのときにオファーがあって、とんでもないのデザインしてんだよなあ

batmobilehw_03.jpg

グラマラスなスタイリングを再現したボディーはダイキャスト製。ホイールやタービンエンジンなどの各部パーツはプラ製ですが、必要十分な質感を備えており、安っぽさはありません。

batmobilehw_04.jpg

ウィンドウシールドは劇中同様にスライドしてコックピットが現われます。
インパネはシールで再現。ここはモールドにして欲しかったトコロ。

batmobilehw_05.jpg

ボンネット上のカバーを回転させればマシンガンが出現。これも劇中同様のギミック。

batmobilehw_06.jpg

タービンエンジンは引き出せます。ここはもうちょっとディテールが欲しかったかな?

この1/18バットモービルは決して精密なモデルとはいえないものの、価格(当時の日本での実売価格5000円前後)とのバランスを考えると十分満足できる内容だったと思います。完成品のマスプロダクトとして世に出たバットモービルのモデルとしては、いまだに最高レベルにあることは間違いないでしょう。
ちなみにリペイントでダメージバージョンとグロスカラーバージョンが発売されましたが、そっちは買ってません。

個人的には60年代TVシリーズのバットモービルが欲しいんですが、どうも権利関係が複雑になりすぎて商品化はかなり困難な様です。
ま、なんでも実現する昨今なので気長に待ちましょうかね。

スポンサーサイト

コメント

懐かしいですね^^

当時、この記事を見て買ったんですよw
マテルのバットモービル(*´ω`*)
未だに箱に入れたまま眺めてます・・・(;´Д`)

  • [2006/09/24 16:23]
  • URL |
  • 空★☆(旧名:とりさん)
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

まっくろ森は不思議な所

あぁPCのトラブルから帰還してみるとスタゲさんがまっ黒に(笑)。
しかも2回続いて黒いブツだし。

…真っ黒クロスケ出ておいでー♪(何(^^;

このバットモービルは持ってますヨ。
ミクロと同スケールなので、乗らないかなぁーと思ったのですが駄目でした(^^;。

コックピットの作りがイマイチでしたが
グラマラスなラインがたまらない出来ですよね。

放置状態でスイマセン

■空★☆さん
どうも~、お久しぶりです。
>未だに箱に入れたまま
それ何年前から(笑)
開けましょうよ。そろそろ。いろんな方向からなめ回すように眺めるのがミニカーの醍醐味です。

■カモタローさん
>真っ黒
ブツに合わせたわけではないですが、前のは特に深く考えずにとりあえず使ってただけなので。しばらくはコレでいこうと思います。

以前ミクロアクションのバットマンを乗せてみたのですが、足を外してもきちんとは乗れませんでした。これ実はスケール1/18より小さいような・・・

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://stgz.blog71.fc2.com/tb.php/12-ea25418b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。