スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006年を振り返る PART1 

新年あけましておめでとうございます。
昨年ご覧になっていただいた方々、ありがとうございました。
たまにしか更新しないというブログとしてはあるまじき場所ですが、今年もよろしくお願いいたします。
今年は小ネタも織り交ぜて更新増やしたいなあ。

さて、このブログは当初、個人的にこれは!と思ったもののみをピックアップして載せていくということで決めていましたが、年が明けたところでそれ以外で昨年印象に残ったもの、ムダ遣いの傾向(笑)などをつらつらと書いとこうかと思います。
画像は某mixiの日記用に撮ったものがほとんどで、表にさらすことはあまり考えていなかったものなので背景なんか適当です。
結構分量があるので3回くらいに分けて書きます。

■ロボット編

●ボトムズ
なんでか一昨年後半くらいからボトムズ関連商品が増え始め、2006年はボトムズは各メーカー共作の一大カテゴリとなりました。

やまとの1/12は買っていないので、ウチにある最大サイズのスコープドッグはタカラのDMZです。プロポーションは全然好みじゃないし、膝がかっこよく曲がらない、肘から下が長すぎるという不満点はあるものの、人形と絡めて遊べるスコタコとしてはこれで十分かな。
シリーズ並べたい商品でもないので、ストライクは買ってません。
そうそう、ミクロアクションのイプシロンはすごくいい出来だと思います。
dmz_1.jpg

dmz_2.jpg


全然1/35スケールじゃないじゃん!頭デカっ!と世間では不評の35MAXシリーズのスコープドッグは結構お気に入りです。
35max.jpg

この軽快に動き回りそうな、張りつめた筋肉を感じさせるアニメプロポーションが好きです。あとはもうちょっと安ければね・・・
35MAXは他にスタンディングトータスとブルーティシュドッグ、ストライクドッグを買いました。アニメ劇中ではクラスの違いによる身長差はそんなに表現されていなかったと記憶していますが、35MAXのスコタコとストライクを並べるとさすがに違和感ありますね(笑)

ボトムズ関連では他にアクティックギアもちょこっと買いましたがハマるまでには至らず。小さいロボで機体の種類もオプションも充実と、ハマる要素十分だったんですが、なんでかな。


●ボウケンジャー
元々戦隊はそんなに、というか、ほとんど買わないのですが、ボウケンジャーは珍しく結構買いそろえました。サイレンビルダーは買ってないけど。
トランスフォーマーの国内展開が一段落したってのも一因かな。

ダイボウケンは、最終的に10台ものビークルが合体して恐竜的進化を遂げるというのが面白かったですね。ゴーゴージェットのデザインのちぐはぐさと玩具的しょぼさはいかんともしがたいですが。
daibohken_1.jpg

daibohken_2.jpg


ダイボイジャーはなにより、でかいローラー付きの陸上戦艦という暴力的コンセプトがインパクト大で、ロボ時は拳が回転するだけとギミック的にはさみしいですが、眺めてるだけでお腹いっぱいになれるアイテムだと思いました。
daivoyager_1.jpg


でかいから甲板に色々乗せてみたり、ダイボウケンとの合体が不満だったのでもっと合体巨艦ヤマトぽい艦橋ロボを探してみたり、メガザラックにしてみたり色々やりました。
daivoyager_2.jpg


●超合金系
今年も色々発売されましたが、ここに載せたライタン以外でダントツに嬉しかったのはバトルフィーバーロボでした。
bfrobo.jpg

元々好きなロボットだったってのもあるんですが、BFロボの唯一無二の存在感も相まって変形も合体もしないのにものすごい充実感。 付け替えパーツが無いシンプル構成なのでストレスなく遊べますし(重要)。
BFロボはアニメロボとは違って「本物」があるわけですが、着ぐるみ再現と関節可動フィギュアとの折り合いの付け方が絶妙な逸品でした。
いやーそれにしてもバトルシャーク欲しいなあ。当時品の復刻でよいので出ないかなあ。

そしてなんと言ってもガンバスター。
gunbuster_1.jpg

これとか完全変形ガーランドとか、数年前には妄想の世界でしか存在しなかった商品が次々とリリースされていった年でもありました。
その妄想実現度は個人的には今年頂点を迎えるのです。超合金ガンバスターだけでも気絶しそうなのに、イデオン手にしたらショック死しそうだよ(笑)

というか、Uキラーザウルスのソフビ買っときゃよかった・・・
対戦用に。
gunbuster_2.jpg


●トランスフォーマー
まずはギャラクシーフォース最終商品(だっけ?)プライマス。
primus.jpg

セイバートロン星が変形するビッグサイズ商品ということで、TFファンにはたまらないアイテムだったのではないでしょうか。ユニクロンと違い、完全球型のプラネットモードに変形するというのもポイント高いし、チップスクエアをキーとして使った連動変形ギミックも面白いです。
自分にとってはどっちかというと流星ロボの親玉っちうか「面白変形ロボ」の仲間なんですが(笑)

お次は話題騒然のキスぷれシリーズ。
kisspre.jpg

古参のTFファンからは「コレジャナイTF」として非難轟々だったシリーズですが、ふたを開けてみたら結構売れてるみたいなので結果的にタカラのマーケティングは正しかったんでしょうか。単にバイナルテック仕様のコンボイやロディマスの需要が高かったというだけかも知れませんが。
とはいえ、個人的には「あの箱」も含めてトータルパッケージの商品としては完成度の高いものだと思います。バイナルテックアスタリスクの時にはまだ残っていた「照れ」が完全に吹っ切れてるというか。これが大嶋パワーなのか!?
いやでも、なんだかんだ言っても人形とTFを絡めて遊べるのは楽しいですよ。デザインの好き嫌いは別として。
キスぷれはロディマスも買いましたが、実はまだ開けてない(笑)

こちらはオルタネイターズのミラージ。
mirage.jpg

バイナルテックの海外版とも言うべきオルタネイターズはダイキャスト製ではなくオールプラです。これをリデコしたものがキスぷれロディマス。
バイナル/オルタネでヒストリックカーを出して欲しいと常々思っていたのですが、GT40のリメイクであるフォードGTがチョイスされたことにより、その望みは半分くらいかなった、かも。
あっと驚く奇抜な変形はないですが、ビークル時のパーツの合いもいいし変形にストレス感じないし、なにより単純にかっこいいので好きなアイテムです。

このラインもランブルとジャガーで一旦休止みたいですが、最初のスモークスクリーン(インプレッサ)を越えるインパクトのアイテムはついに現れなかったという感じですね。

今のところ国内販売されていないクラシックス。G1キャラクターの意匠を残しつつ、現代風にアップデートしたシリーズです。
tfclassics_1.jpg

変形ロボ玩具としては目新しいところは無いですが、ビークルとロボット時両方のプロポーションに破綻が無く、ある意味集大成的シリーズと言えるかも。

玩具としてはコンボイが関節もしっかりしていて頭一つ抜けた完成度という印象です。
ロディマスも決定版と言っていいほどかっこいいし、童夢零似のカーモードのまとまり具合も絶品。
tfclassics_2.jpg


クラシックメガトロンはン十年ぶりにガンモードへと回帰。ワルサーP38ではなくてSFチックなフュージョンブラスターに変形します。それでもロボットモードは「ああメガトロンだね」と一発でわかるのがすばらしい。
tfclassics_3.jpg

股関節のクリック間隔が広すぎていまいちポーズが決めづらいんですが、フェイスはそれを補って余りあるかっこいい悪人面。

クラシックスは第一弾アイテムとして他にもスタースクリームとアストロトレインが出ていて、続いてグリムロックやジェットファイヤーなどもリリースされています。
今年公開される映画版までの「つなぎ」と言われていますが、国内販売も実現して欲しいですね。


今回はここまで。次回はミクロマンなんかのフィギュア関係をやる予定。

スポンサーサイト

コメント

06年度

☆ほしサン
あけましておめでとうございます♪

本年も宜しくお願い致します~。
素敵な画像楽しみにしています(^^)。

◆ボトムズ
個人的にはDMZにミクロマンが乗せれるだけで嬉しかったですね。
自分的にはアクティブギアのファッティーが出てくれて嬉しかったです(^^)。

◆ボウケンジャー
黒の系譜だけしか買って無いですねぇ。
久々にお気に入りの金黒のブラックでした(^^)。

◆超合金系
BJロボも、もちろんですが
自分はレオパルドが、かなりウットリな出来で今でも飾ってます。

◆TF
もちろん創世神様は外せませんね♪
自分は初め買い逃し、海外版ですが(^^;。
今年はとにかく海外版のTFとの多々買いでいした。
パイナル系ではやはりロディマスがお気に入り♪オニャニャノコは要りません(買い難いし)。

クラッシックはとにかく「国内で売れ!」と言いたいですねぇ(^^;。


■カモタローさん
いつもコメントありがとうございます。
今年もよろしくお願い致します。

>黒アルティメット
これねえ、欲しいんですけど、もうあんな箱置いとくとこないんですよ。ノーマルカラーも好きなので処分できないし。

>レオパルドン
魂も悪くはないんですが、玩具としては旧超合金の方がいいかも。脚カバーの連動変形とか。

>創世神
TFが売り切れるわけねえだろと皆さん油断したようで。ネットであまりに瞬殺瞬殺言うので、あわててザらオンに注文してセーフでした(笑)
クラシックは海外版で揃えてしまいましたが、国内販売して欲しいですよね。
そのときはぜひ塗装箇所を増やしていただきたい。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://stgz.blog71.fc2.com/tb.php/17-302e1dfd
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。