スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MATTEL:THE DARK KNIGHT STEALTH LAUNCH BATMOBILE 



いよいよ日本での公開が近付いてきた「ダークナイト」。
全米での公開3日間のオープニング興行収入が1億5830万ドルという新記録を達成し(2億ドル超えの最短記録も更新)、内容に関しても絶賛する声が圧倒的に多いようで、質に実績が伴うという理想的な作品となっているようです。早く観たい!

ということで、前回に続いてダークナイトから、「ステルス・ラウンチ・バットモービル」です。


TDKbatmobile_01.jpg
バットモービル自体は前作「バットマン ビギンズ」と同じデザイン。
サイズも前作公開時に同じくマテルから発売されたものとほぼ同じ、30cmオーバー。
ただし、使い回しというわけではなく、完全新規設計・新ギミック搭載の玩具となっています。


TDKbatmobile_02.jpg
後輪はプラ成型でウラ側がからっぽという残念仕様。
前作のは中空成型のPVCでした。


TDKbatmobile_03.jpg
ルーフ後方に突き出ている2つのボタンが今回の脅威のギミック発動スイッチ。


●ボタン(1)を押すと・・・
TDKbatmobile_04.jpg
バットモービルがスプリングでガバっと開きます。
内部には今作の新ビークル・バットポッドが!


●さらにボタン(2)を押すと
TDKbatmobile_05.jpg

TDKbatmobile_06.jpg
バットポッドが発進!
かなりの勢いで発射されます。


TDKbatmobile_07.jpg
バットモービルの展開状態を横から。
ルーフが上に開くと同時にサイド部が左右に展開しつつ後方が跳ね上がります。


TDKbatmobile_08.jpg
内部に隠されていたバットポッド。
ライディングポーズのバットマン付き(頭と腕が可動)。


TDKbatmobile_09.jpg
バットマンは接着されていないので簡単に取り外せます。
接続ピンは飛び出た状態ですが・・・
バットポッドは玩具なりのディテールですが、プロポーションも良く、中々いい出来だと思います。


TDKbatmobile_10.jpg
展開時に飛び出るミサイルランチャー。
お約束のギミックですね。


TDKbatmobile_11.jpg
バットモービル内部にはシートはありませんが、ルーフを開いて別売りの5インチサイズのバットマンフィギュアを乗せられます。


TDKbatmobile_13.jpg
これがその別売りの5インチフィギュア。
単品版もありますが、ウチで買ったのはトイオリジナルの武器をオミットした、バットマン、ジョーカー、スケアクロウの三体セット。
武器が無い分少しお得です。


TDKbatmobile_12.jpg

以上、バットモービルとバットポッド、一粒で二度おいしいビークルトイでした。
映画ではバットポッドがどのように登場するのか、ストーリー以外にもビークル好きには楽しみなポイントすな~

ところで、ダークナイトのマテルの玩具関係ですが、今のところ国内販売される告知がありません。正式に発売されたのは1/18のバットモービルのミニカー(前作のリパッケージ版)くらい。
他社のハイエイジ向けの高額商品(ソフビ魂は違うか・・・)が色々発売予定となっている中でのマテルのこの扱いは、今回の映画が明らかに低年齢層向けでは無さそうなので、正しい判断なのかもしれませんが、なんか寂しいよね。

スポンサーサイト

コメント

取り外し可能?!

はじめまして。 Crogiを検索していましたら、こちらの記事を発見いたしましたのでコメントさせて頂きます。 こちらのStealth 自分も先月購入したのですが、取り外し可能とは知らなかったです! 投稿されている写真も綺麗で分かりやすいものが多く勉強になります。 私もバットマンだけに特化したHPやBlogをやっておりますので、宜しかったら遊びに来てください。それでは

■ziicafeさん
コメント残していただきありがとうございます。
ステルス~のバットマンは外せないと思ってる方が結構いるみたいですね。
外したあとのバットマンが少々情けないですが。
股間に大穴(笑)

そちらのHP&BLOGも今度訪問させていただきます。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://stgz.blog71.fc2.com/tb.php/28-e93bc529
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。