スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HOT WHEELS:1966 TV SERIES BATMOBILE 1/18 SUPER ELITE 

batmobile_tv18s_00.jpg

前々回のエントリではエリート版を紹介しましたが、今回は最上位バージョンとなる「スペシャル・エリート版」(海外ではSUPER ELITEという名称の様です)。


・スタンダード      7,140円
・エリート       13,440円
・スペシャル・エリート 39,990円

と(いずれも税込)、エリートの3倍弱、スタンダードの実に5.6倍という価格差の違いは一体どこにあるのか? 今回はエリート版との相違点を中心に紹介したいと思います。
出荷数は全世界で5500台と言われ、市場に残っているタマ数も少なくなってきていると思いますが、エリートとどちらを買うか、エリートを持っているけどスペシャル・エリートも買っとくべきなのか、購入を迷っているバットモービルフリークの方はご参考にどうぞ。


●箱
batmobile_tv18s_01.jpg
まず箱ですが、ご覧の通りエリートの箱(普通の1/18サイズ)に比べて、異様に高さのあるクローズドタイプのでっかい箱です。
出荷状態ではこれにシュリンクがしてあります。


箱を開けると・・・
batmobile_tv18s_02.jpg
バットマンのシンボルマークをかたどったベースにバットモービルが鎮座しています。
箱の高さのわけはこのベースのためなのです。


●本体全般
batmobile_tv18s_03.jpg
箱から出すとこんな感じ。
ベースはアルミ製でネジやマウンター以外は2ピース構成です。
オサレな部屋のインテリアにはいいんじゃないでしょーか(笑)


batmobile_tv18s_04.jpg
batmobile_tv18s_05.jpg
ボディ自体に変更はありません。エリートとまったく同じ金型のようです。
シャシーもエリートと同じくプラ(ABS?)製。


batmobile_tv18s_06.jpg
開閉箇所もエリートと同じです。


●各部比較

・エンジン
batmobile_tv18s_07.jpg
燃料ホースらしきものがテレビアンテナの同軸ケーブルのような、表面にワイヤーが編み込まれた太いケーブルになっています。赤青の基部はプラ製。
エリートではホースが単にメッキされた細い棒状のプラパーツです。
また、エンジン外周にメタル製の2枚のリングが追加されています。


・コックピット周辺
batmobile_tv18s_08.jpg
ダッシュボード上のバットレーダーなどに彩色が追加。インパネのボタン類やパラシュート展開用のハンドルにも彩色が追加されています。


batmobile_tv18s_09.jpg
ルーフのバットサイレンのカバーがメタルパーツに変更。


batmobile_tv18s_10.jpg
ドアを開いたときに現れるステップにメタルパーツを追加。


batmobile_tv18s_11.jpg
ドア内側下にメタル製のモールを追加。


batmobile_tv18s_12.jpg
ペダルの外周にメタルパーツを追加。


・後部
batmobile_tv18s_13.jpg
バットミサイル発射管とその基部がメタルパーツに変更。内部には赤く塗装されたミサイルの頭が見えます。


batmobile_tv18s_14.jpg
リアアンテナがメタルパーツに変更。


batmobile_tv18s_15.jpg
エギゾーストパイプ外周のリングがメタルパーツに変更。
パラシュートバッグはプラ製から合皮素材に変更され、ワイヤーが追加されています。

以上。

えっこれだけ?と思う方もいるかもしれません。
細かいところに見落としはあるかもしれませんが、ざっと見て目につく変更点は本当にこれだけなんです。
マテルからの公式情報ではないにしろ、以前海外のディーラー筋で不確定情報として出回った内容とはえらく違います。

正直言ってスペシャル・エリートの仕様はとても4万円近い定価に見合うものとは思えません。せめてボディの仕上げの精度が高くなっているのかと思いきや、エリートと同じくチップはあるし塗装のはみ出しはあるしでまったく変わりません。
同じく、エリート/スペシャル・エリートの2バージョン発売しているフェラーリなんかも、この程度の違いなのかなあ?


かつての「レジェンド・トゥ・ライフ」のように、ライト&サウンド、電動アクションギミックが盛り込まれていたら最高だったんですがねえ。
残念ながらこのスペシャル・エリート版は、単に「持っていることに意義がある」だけの文字通りのコレクターズアイテム以上の意味は持たないと思います。

エリート版を持っている人は買わなくてもいいし、どっちを買うか迷っている人はエリート版だけで十分。
食費を切りつめても全部持ってないと気が済まないって人や、「アルミの台座がいいんだよ。本体はオマケです」って人がいたらあえて止めませんがね(笑)

batmobile_tv18s_16.jpg

スポンサーサイト

コメント

うぉ~

おぉ!超もイカレましたか!!

自分は何とかエリートは確保出来、一安心(^^)。
最近の散財で流石に"超"は手が出せない~っ。
フルダイキャスト&フル塗装仕様だとと聞いていましたので
多分こちらで拝見出来るだろうと思って(笑)楽しみにしていました。

確かに思った程のUPグレードでは無いのかもしれませんが、それでもやはりエリートと比べて
この質感UPは素晴らしいですヨ~(^^)。
「こうだったら良いのになぁ」って所が変更されてる感ですね。

この勢いで他のバッドモービルも製品化されるんでしょうかねぇ?


スーパーエリートの仕様自体は悪くないんですがねえ。
問題は高すぎる価格で。
本来ならエリートの価格でスーパーくらいの仕様でやって欲しいとこです。

他のバットモービルはどうでしょうね。
とりあえず1/50はまだ続くようです。
TV版のバットボートやバートン版のバットモービルなど。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://stgz.blog71.fc2.com/tb.php/31-a7d0fde8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。